日本語版データ復元・復旧ソフト(ファイルリカバリー)

menu

FILERECOVERYⓇ

データ復元ソフトFILERECOVERY

ファイルシステム(FAT32)の問題点とその解決法

Windows XP/Vista/7 (全てのバージョン)において、FAT32のファイルシステム上の
エントリ(ファイルまたはフォルダ)が消去されるとオペレーティングシステムによって
32bit クラスタアドレスの高位文字が消去されてしまいます。

従って復元時にこのクラスタの正確な値がわからなくなり、どのような復元ツールも消去された
エントリを発見・復元することができなくなるという問題点があります。

FILERECOVERYがこの問題点を解決しています。

「FILERECOVERY」はディスクサイズにより、復元したいファイル/フォルダについてあり得る
クラスタ値を作成します。フォルダの場合にはプログラムが自動的に複数のコンビネーションを
試行し(読込速度が遅くなります)、ファイルの場合には複数のコンビネーションそれぞれを
試行するかどうかユーザーに確認します。

ファイルが復元されたかどうかを確かめるためにはそのファイルにあったソフトウェア・プログラム
でファイルを開いてください。もし開けない場合は「FILERECOVERY」が正確なコンビネーション
を作成するまで試行してください。

ドライブのクラスタサイズがディスクサイズに依存する一定のクラスタ数を超える場合、
(多すぎる可能コンビネーションがある-256以上)にはこの機能は一定のクラスタ数に限定
されます。

ファイルリカバリー無料体験版
FILERECOVERYラインナップ
操作イメージ
復元成功の3ポイント サンディスクレスキュープロデラックス データ復旧サービス