日本語版データ復元・復旧ソフト(ファイルリカバリー)

menu

FILERECOVERYⓇ

データ復元ソフトFILERECOVERY

Windowsのゴミ箱から削除されたファイルの復元

WindowsNTを基本としたオペレーティングシステム環境下においてファイルが
ごみ箱へ移されるとそのファイルの名前は消去され、代わりに
「’D+ドライブレター+通し番号’」が付けられます。

ごみ箱から取り出したファイルを復元する時には「’D’」の後にそのファイルが
収められていたドライブの名前、続いて数字を探してください。

例えばE:ドライブから消去されたファイルは「’DE10.DOC’」、C:ドライブより消去
されたファイルは「’DC.XLS’」などになります。ファイル拡張子は消去日時と同様に
保存されます。

このルールはコマンド・プロンプトもしくはアプリケーション内より消去された
ファイルには適用されません。それらのファイルは元の名前を保持しています。

ファイルリカバリー無料体験版
FILERECOVERYラインナップ
操作イメージ
復元成功の3ポイント サンディスクレスキュープロデラックス データ復旧サービス