日本語版データ復元・復旧ソフト(ファイルリカバリー)

menu

FILERECOVERYⓇ

データ復元ソフトFILERECOVERY

FILERECOVERYでのVMWareイメージの復元について

FILERECOVERY Enterprise版は、VMWareワークステーション、フュージョンなど、
WindowsまたはLinux上のローカルのファイルシステムにあるVMDKファイルの復元を、
フラットまたはスパースフォーマットでサポートします。

全ての”ローカル”のVMDKファイルイメージがサポートされています。

注意:VMDKファイルは、VMFSファイルシステムにある場合、復元サポートされていません
(例. VMウエアVスフィアデータセンター製品など)

VMDKイメージは、仮想ハードドライブ上で、WindowsやLinuxなどのホストシステムの
下での仮想オペレーションシステムとして機能しています。
複数のVMDKイメージが、各仮想システムに作成されており、正しいVMDKイメージを選択
することで復元スキャンができるようになります。

VMDKファイルのスキャン実行の際には、VMDKイメージを読み込み、対応する版を選択
してください。

    VMDKファイルが複数ある場合:

      複数あるVMDKファイルは’スナップショット’ (または ‘デルタリンク’)と呼ばれます。
      VMWareでスナップショットを作成すると、新しいVMDKが書き込まれ、元のVMDKは変更され
      ません。元のVMDKは、新しいVMDKに書き込まれ、新しいVMDKの容量が増大します。
    複数のVMDKファイルには’エクステント’と呼ばれるものもあります。ユーザーは、
    イメージデータをいくつかのVMDKファイルに分割することができます。
    複数のVMDKにイメージがある場合、新しいVMDKファイルが作成され、’ディスクリプタ’
    ファイルと呼ばれます。ディスクリプタは小さなファイルで、イメージがあるすべてのVMDK
    ファイルにリンクを作成します。
    VMDKファイルが1つだけの場合(スナップショット、エクステントがない場合)

      FILERECOVERY Enterprise版が、埋め込まれたデスクリプタを検索して使用します。
    複数のVMDKファイルがある場合

      デスクリプタのファイルをユーザ自身が選択してください。復元するリカバリポイントの
      時点により、対応するスナップショットのデスクリプタのファイルを選択する必要があります。
      スナップショットは新しい方がより最新のデータです。

複数のVMDKファイルがある場合は、最も容量の小さいVMDKファイル (デスクリプタ)を選んで
下さい。復元したい時点ポイントにより、ポイントに対応するスナップショットを選択する必要
があります。
(スナップショットに複数のVMDKファイルが存在する場合, スナップショットが所属する
デスクリプタファイルを選択します)スナップショットが新しいほどデータが多くなります。

ファイルリカバリー無料体験版
FILERECOVERYラインナップ
操作イメージ
復元成功の3ポイント サンディスクレスキュープロデラックス データ復旧サービス