日本語版データ復元・復旧ソフト(ファイルリカバリー)

menu

FILERECOVERYⓇ

データ復元ソフトFILERECOVERY

誤ってファイルを削除した、ゴミ箱を空にしてしまった場合の復元方法

ごみ箱を空にしてしまったり、または「Shift」キーを押しながらファイルを消去
してしまうと、それらのファイルはごみ箱から消えてしまいます。

また、ネットワークシェアによってアクセスしているユーザーが消去したファイルも
(Windowsはそれらのファイルをリストアする機能を備えていないため)、ごみ箱には
入りません。

データ復元を実行するためには、Step1で該当メディアを選択し、Step2でファイルが
消去されたボリュームを選択します。

最後にStep3の復旧方法の選択で「ゴミ箱から削除した場合」を選択し、スキャン結果
から復元対象ファイルを選択し、別のドライブに保存します。

ゴミ箱から削除した場合

もし上記の操作でもファイルが見つからない場合には、Step3に戻り、
「フォーマットした場合」を選択して再度スキャンを実行して下さい。

フォーマットした場合

このスキャン処理にはかなり時間がかかりますが、「ゴミ箱から削除した場合」で見つ
からないファイルが見つかる可能性があります。

ファイルリカバリー無料体験版
FILERECOVERYラインナップ
操作イメージ
復元成功の3ポイント サンディスクレスキュープロデラックス データ復旧サービス