日本語版データ復元・復旧ソフト(ファイルリカバリー)

menu

FILERECOVERYⓇ

データ復元ソフトFILERECOVERY

データ復元を成功させるための3つのポイント

データを復元させるためには、ハードディスクがどのように取り扱われているか、または、データ消去後にどれだけ新しいデータが上書きされているかによってデータ復元率が異なってきます。
大切なデータを誤って消してしまった、ディスクを認識しなくなったという場合は、下記のポイントをご確認の上「FILERECOVERY」をご利用下さい。


 データが紛失した際には直ちに作業を終了します。

インターネットのブラウジングやメールの受信もデータを上書きしてしまいますので終了します。また、Windowsの再起動・シャットダウンも避けます。作業を続ければ続けるほどデータ復元の可能性は低くなりますのでご注意下さい。


 復元対象のHDDにはソフトウェアインストールなどは行わないで下さい。

ソフトウェアをインストールすることで、HDDのデータを上書きすることとなりますので、データを復元したい対象のHDDやメディアに対しては絶対にソフトウェアのインストールなどは行わないようにして下さい。FILERECOVERYを利用する際は、異なるPCへインストールを行い、復元対象のドライブをFILERECOVERYがインストールされたPCへ接続した上で、復元を行うことをお勧めします。


 デフラグやスキャンディスクは絶対に実行しないで下さい。

ファイルリカバリー無料体験版
FILERECOVERYラインナップ
操作イメージ
復元成功の3ポイント サンディスクレスキュープロデラックス データ復旧サービス